中洲派遣アローズBLOG

まだまだ山笠さ(笑)

2017/06/27

こんばんは、アローズです(✿´∀`✿)

今日は山笠の日程をご紹介致します☆

知らない行事もあるかもですね!

 

7月1日 注連(しめ)おろし :祭り初日に舁き山笠の流区域を清める行事。町の角々に笹竹立て注連縄を張り、竹で作った素朴な御幣を添える。

 

7月1日 ご神入れ :山笠に神を招き入れる行事。

 

7月1日 当番町お汐井とり :その年、当番町になった町の面々が、一足先に箱崎浜まで駆けて行き汐井(真砂)を小さな升やテボ(竹ヒモで編んだかご)に入れて持ち帰る。むろん、法被に締め込み姿である。

 

7月9日 全流お汐井とり :1日の夕方の当番町お汐井とりと主旨と行事はほぼ同じであるが、各流の舁き手が揃うから圧巻だ。各流ごとに午後6時から7時過ぎにかけて箱崎浜に到着し、沈む夕日に拍手を打って安全祈願する。帰路は筥崎宮、櫛田神社に参拝する。

 

7月10日 流舁き :いよいよ舁き山笠が登場。それぞれの流区域を舁き回ることからこの名がある。舁き出し時刻は流ごとに異なる。コースも年によって異なり公式発表も行わないので、事前に流関係者に聞くしかない。細い路地まで舁き入れるので、この祭りが地域に深く根ざしたものである事がわかる。

 

7月11日 朝山笠 :これも流舁きであるが、早朝に町総代や旧役員を呼んで接待することから祝儀山とも呼ばれている。また当番町の子供達もこの日だけは山笠「杉壁」内に乗せてもらえる。

 

今日はここまで!!(笑)残りの日程はまたご紹介します☆お楽しみに♪