業種説明

スナック

    一般的にはお店にママがいて切盛りしているといった感じです。

    ママやチーママのお客様がほとんどで、人柄を好んで通う方なども少なくはありません。

    お客様との会話の距離感もどことなく親近感がありお店全体がアットホームな雰囲気なところが多いです。

    システムはボトルキープしていただくのがほとんどですが良心的な価格設定が多いです。

    経験の少ない方でも安心して働けるでしょう。

キャバクラ

    ホステスが接客する時間制の酒場

    キャバクラとは、キャバクラ嬢と呼ばれる女性従業員が客の隣に座り飲食物を提供する形態の飲食店のことです。

    料金は時間制で明朗会計である。

    キャバクラ嬢が隣に座り、接待する。

    また店外デートについては「同伴」出勤や店の閉店後にキャバクラ嬢と客で酒などを飲みに行ったりカラオケに行ったりするアフターがある。

    同伴出勤の回数はキャバクラ嬢の給与体系の中に組み込まれており、同伴回数にノルマを設けている店なども存在する。

    また同伴回数を店内での指名回数やドリンクの売り上げ等と合わせた形でポイント化し、時給を上下させる基準として利用している店もある。

クラブ

    クラブとは簡単に言えばキャバクラの大人バージョンといったところでしょうか。

    女性スタッフの平均年齢もキャバクラに比べれば多少上がります。

    指名制度もキャバクラと違い永久指名のお店がほとんどです。

    一度指名されたらその後もずっとそのお客様担当ということです。

    またお客様の平均年齢も高いです。

    なのでキャバクラに比べて見るとより上質な接客が求められるでしょう。

    高級感があり、時間制ではなくクラブは「席料」がかかります。

    座った時点で一人いくら、とカウントされます。それからボトル代、ミネラル(水)、氷、カラオケ、料理、などが加算されていきます。

    「一見お断り」の店があったり、店の雰囲気にそぐわないお客をお断りすることもあるのです。

ニュークラブ

    ホステスが接客する時間制の酒場

    システムはキャバクラでも、クラブのような高級感があるところをニュークラブと呼んでいたりしています。

ガールズバー

    ガールズ・バーとは名前のとおり女の子がたくさんいるバーです。

    キャバクラと何が違うの?と思う方も多いと思います。

    キャバクラでは女性がお客様の隣に座り接客をします。しかし、ガールズバーではその行為は禁止です。

    客の隣ではなくカウンターを挟んで接客します。

    そしてお客様が注文する様々なカクテルをバーテンダーとして、作ってあげるわけです。店員の大半が若い女性で、カウンター越しで、会話を楽しむことができる。

ラウンジ

    本来は「ホテル・クラブなど社交室」という意味。クラブとスナックの中間、という感が強いです。

    「カウンター主体のクラブ」や「飲食の割合が低い高級スナック」のような感じです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加